CEATEC JAPAN 2018に出展およびパネルディスカッションの開催結果報告


去る10月16日より幕張メッセ(千葉市美浜区)にて開催されたCEATEC JAPAN 2018にエコーネットコンソーシアムとして出展するとともに、コンファレンスにおいてパネルディスカッションを開催しましたので、ご報告いたします。

1.出展およびパネルディスカッションの開催の主旨

エコーネットコンソーシアムは、エネルギーマネジメントを主要なサービスと捉えて、規格の開発や普及活動に注力してきましたが、IoT時代のニーズに対応した新戦略「ECHONET2.0ビジョン」を策定するために、本年5月に戦略構築WGを立ち上げ、検討を進めています。
CEATEC JAPAN 2018では、ECHONET Liteの規格化および普及活動の状況、IoT時代に求められるニーズ、ECHONET2.0ビジョンで掲げている基本方針について、パネルディスカッションにて公開するとともに展示会場にて、パネルにて紹介いたしました。
パネルディスカッションには、150名収容の会議場に立ち見がでるほど多くの聴講者に参加いただき、コンソーシアムのECHONET2.0への取組を理解いただきました。

2.パネルディスカッション

講演日時 10月16日(火)13:15-14:45(SP-3)
講演会場 幕張メッセ 国際会議場 3F 302会議室
セッション番号 st05zsp32
セッションタイトル 「IoT戦略におけるECHONET Liteの役割」

第1部 パネリストプレゼンテーション 45分

一色正男: 「人を幸せにするIoTスマートハウス」
神奈川工科大学創造工学部ホームエレクトロニクス開発学科 教授
スマートハウス研究センター所長
 講演資料 [PDF:958KB] 
講演動画:
平松勝彦: 「エコーネットコンソーシアムの歩み
                         ~エネマネからIoTへ~」
一般社団法人エコーネットコンソーシアム代表理事
パナソニック株式会社
 講演資料 [PDF:1MB] 
講演動画:
宮崎達三: 「エコーネットコンソーシアムの新たな取り組み」
一般社団法人エコーネットコンソーシアム戦略構築WG主査
ミライト・テクノロジーズ常務執行役員
東北大学大学院環境科学研究科特任教授
講演資料 [PDF:2.1MB] 
講演動画:

第2部 パネルディスカッション 45分 動画:準備中

モデレータ:梅嶋真樹 慶應義塾大学サイバー文明研究センター 特任准教授

パネリスト:一色正男・平松勝彦・宮崎達三

モデレータ 梅嶋真樹氏 パネリスト 宮崎 達三 氏 平松 勝彦 氏 一色 正男 氏 パネルディスカッション 会場風景

3.ブース展示

◆展示期間    10月16日(火)~19日(金) 10:00-17:00
◆展示ブース場所 幕張メッセ国際展示場 ホール1,2 トータルソリューション 小間番号A020

展示ブース全景 

 

ページの先頭へ