活動内容

IFA2019:IFA NEXT出展報告 (ドイツ・ベルリン)

2019年9月6日から9月11日にドイツのベルリン(メッセベルリン)で開催されたIFA2019:IFA NEXTに出展しました。
エコーネットコンソーシアムは、このIFA NEXTの会場に展示ブースをかまえ、ECHONET Lite規格の紹介を初め、コンソーシアムの活動内容やIoT社会への対応に向けて開発しているクラウド間連携を実現するWebAPIなどについて紹介展示を行いました。
展示ブースには、7日間の会期中に、海外の企業、標準化団体、メディア、および日本企業など150名の来場者があり、標準化団体からは、データ連携に関する協議を進めたいとの打診や、入会を希望する企業などがあり、好評のうちに終了することができました。
また、展示会場の中央に設けられた講演ステージでは、エコーネットのメンバーにより、エコーネットの取組みを紹介する講演を行いました。

IFA2019/IFA NEXT 展示会の様子

メッセベルリンパビリオン
      メッセベルリンパビリオン


    エコーネットコンソーシアム展示ブース

説明風景
         説明風景

展示ブース2
      ECHONETの説明ビデオを上映

講演風景
      エコーネットメンバーによる講演

講演会場全景
           講演会場全景

*IFA/IFA NEXTとは
IFA(Internationale Funkausstellung 国際コンシューマ・エレクトロニクス展)は、毎年9月にドイツ・ベルリンで開催される世界最大規模の家電見本市です。
IFA NEXTは、IFAの中でも、世界各国のスタートアップや研究開発機関、最先端のIT企業等が集うイノベーションに特化した特設エリアになります。
今年、IFA史上初めてのパートナー国制度をIFA NEXTに設けました。その初めてのパートナー国に日本が選定され、経済産業省が展示ブースとして「ジャパン・パビリオン」を出展しています。

 

ページの先頭へ