活動内容

CEATEC2019出展報告

去る10月15日(火)から18日(金)、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて開催されたCEATEC2019に出展しましたのでご報告いたします。

今年の出展の狙いは、「サービス事業者へのアプローチ強化」として、ECHONET規格が、Socity5.0のさまざまなサービスの実現に向けて、最も使いやすい規格である事、また、ECHONET Lite機器を用いて様々なサービスの事業者様、また関連機器メーカー様も参入可能となる世界観をご紹介しました。
展示ブースには、約400名の方に来場いただき、内140名の方には、アンケート調査にご協力いただきました。

デモシステムでは、エアコンを使ったエネルギーマネージメント、血圧計の測定データを模擬したヘルスケア、家庭の家電機器を対象とした機器リモートメンテナンス、玄関や窓の施錠を対象としたセキュリティなど、エコーネットコンソーシアムが開発を進めているWeb APIを適用することでこれらのサービスが実現できることを紹介し、多くの方々にWeb APIに関心を持っていただきました。

Web APIによるサービス提供を実現するために考慮すべ き観点や参考事例についてまとめた「ECHONET Lite Web API ガイドライン」すでに当コンソーシアムのHPにて公開しておりますが、その更新版を来年1月にリリース予定で開発を進めており、更新版に基づく実験クラウドを来年春には、エコーネットコンソーシアムの会員向けに提供を予定しておりますので、ご期待ください。


展示ブース全景

展示ブース全景



デモシステムの構成

デモシステムの構成


展示ブース来場者の状況 (1)
展示ブース来場者の状況 (2)
展示ブース来場者の状況

スマートX 特別展示エリアに設けられたラウンジシアターでは、エコーネットコンソーシアムの取組み状況、出展ブースのデモンストレーションにも適用しているクラウド間連携を可能とするWeb APIの仕組み、累計1000件を超える規格認証取得制度の仕組み、ECHONET Lite規格を採用したシステム例などの紹介講演を行いました。
これにつきましては、11月20日(水)から22日(金)にパシフィコ横浜で開催されるET&IoT Tchnology 2019のカンファレンスにおいて、22日の10:30から12:30の時間帯の「エコーネットコンソーシアムセミナー」でも同様の紹介講演を行いますので、お聞き逃しの方は、こちらにご参加ください。

ラウンジシアターでの講演 (1)
ラウンジシアターでの講演 (2)
ラウンジシアターでの講演風景

ラウンジシアターでは、以下の内容で講演を行いました。

講演日 講演者 講演タイトル
10月15日   普及委員会  長沢委員長     ECHONET2.0
(IoT社会にむけてWeb空間に広がる規格)
10月16日   WebAPI検討WG 寺本主査 ECHONET Lite Web API
(クラウド間連携に対応するエコーネット規格)
10月17日   規格認証WG 笹川委員 ECHONET Lite AIF認証
(機器接続の信頼性を担保する仕組み)
10月18日   広報WG 駒木委員 ECHONET Liteの導入事例
(スマートホームやスマートマンションへの展開)

ページの先頭へ