エコーネットコンソーシアムは、本年12月9日に創立20周年を迎えます。
つきましては、創立20周年を記念してシンポジウムとレセプションを開催いたします。

シンポジウムでは、慶應義塾大学環境情報学部教授 大学院政策・メディア科委員長の村井純教授による特別講演を予定しております。
また、各界著名な方々にご参加いただき、「IoT時代におけるECHONET Lite」と題してパネルディスカッションを行います。
なお、本行事は、エコーネットコンソーシアムの会員様限定とさせていただいております。

一般社団法人エコーネットコンソーシアム創立20周年記念シンポジウムおよびレセプション

主催:一般社団法人 エコーネットコンソーシアム

開催日時:2017年12月8日(金曜日)

(1)シンポジウム 13:30~17:00(開場 13:00)
(2)レセプション 17:30~19:30(開場 17:00)

開催場所:富士ソフトアキバプラザ アキバホール(5F)
セミナールーム1(6F)、およびレセプションルーム(5F)
〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3  TEL:050-3000-2741

地図のダウンロードはこちら

シンポジウムは、アキバホールを主会場にて行いますが、アキバホールが満員の場合は、セミナールーム1にて中継でご参加いただけます。

定員数
(1)シンポジウム:定員280名 (2)レセプション:定員160名
参加はエコーネットコンソーシアム会員様限定とさせていただきます。

参加費
無料

申込方法
下記より「参加申込書」をダウンロードいただき、参加者のお名前を記載のうえ、Emailでお送りください。
なお、参加申込がない場合、入場をお断りする場合がございますので、ご承知おきください。

参加申し込み書のダウンロード
(会員様のみダウンロード可能)

申込み先
一般社団法人エコーネットコンソーシアム事務局
seminar@echonet.jp

申込締切
2017年12月6日(木)

当初の申し込み締め切りは12月1日(金)でしたが、
シンポジウムに中継でご参加いただけるセミナールーム1のお席に余裕がございますので、
申し込み期限を延長してご案内申し上げます。
参加をご希望の方は申込書をダウンロード後、必要箇所をご記入になり、上記お申込み先メールアドレスに送信ください。

 

シンポジウムのプログラム

シンポジウムのプログラム

1. 開会のあいさつ

2. 創立20周年ご祝辞
経済産業省 商務情報政策局 情報経済課
松田洋平 様

3. エコーネットの紹介
エコーネットコンソーシアム代表理事
白石健司

4. 表彰式

5. パネルディカッション
テーマ
「IoT時代におけるECHONET Lite」

6. 特別講演
「IoTから見据えるイノベーション」
慶應義塾大学環境情報学部教授
大学院政策・メディア科委員長
村井純 様

7. 閉会のごあいさつ

資料ダウンロード


「Connected Industries」実現に向けた
スマートハウスの展開 
1.6MB

経済産業省 商務情報政策局 情報経済課
松田洋平 様

-IoT時代におけるECHONET Lite-1.1MB
神奈川工科大学 創造工学部 ホームエレクトロニクス開発学科 教授
スマートハウス研究センター センター長
一色正男 様

需要家側のサービスにスポットを当てた
エネットの取り組みから
2.8MB

株式会社 エネット
竹廣尚之 様

パナソニックにおけるエコーネットの取組み0.8MB
一般社団法人 エコーネットコンソーシアム 評議員
パナソニック株式会社エコソリューションズ社 常務
岡 秀幸 様

エコーネットコンソーシアム 20年の歩み1.3MB
一般社団法人エコーネットコンソーシアム 代表理事
白石健司

Echonet and IOT - 20th Anniv of Echonet -0.4MB
Dr.Sureswaran Ramadass
Professor Emeritus, Malaysia University of Science and Technology

 

パネルディスカッション

「IoT時代におけるECHONET Lite」

ECHONET Liteは、ISO/IEC14543-4-3として国際標準規格に認定されたこと、国内外250社以上の会員企業により、国内に出荷されているエアコンなどの家電機器に搭載され、普及が進んでいること、相互接続性を高めるための国内外認証機関による第三者認証制度を確立していること、官民連携による数多くの実証への適用によるPDCAサイクルの実施という5つの戦略の着実な実行により、サービス連携を意図した様々な分野の製造メーカが参加するオープン通信インターフェースとして、世界においても冠たる地位を高めて来ました。

パネルディスカッションでは、官民連携を支えて来た産官学の専門家が、ECHONET Liteの20年間の実績をベースに、IoTとAIとの融合、モビリティとの相互接続、地方自治体や海外との連携が欠かせない次の10年の展開を議論します。

パネルディスカッション メンバー

パネラー

経済産業省 商務情報政策局 情報経済課
松田洋平 様

神奈川工科大学ホームエレクトロニクス開発学科教授
一色正男 様
(エコーネットコンソーシアム アドバイザリーフェロー)

株式会社エネット 経営企画部長
竹廣尚之 様

株式会社リクルートホールディングス
シニアソリューションプロデューサ
深澤昌生 様

Prof Emeritus, Malaysia University of Science and Technology
Dr.Sureswaran Ramadass

エコーネットコンソーシアム評議員
岡秀幸 様

ページの先頭へ