プラグフェスト

プラグフェストとは?

背景

ECHONET Lite規格がHEMSにおける公知な標準プロトコルとして推奨され、普及の兆しを見せています。HEMS環境では、異なるメーカのコントローラや機器が混在し、マルチベンダ相互接続性や互換性が重要です。 しかしながら、規格書解釈の相違や実装の誤りなどの問題の発見は、他社の機器と相互接続しないと難しいという現状があります。

目的

エコーネットコンソーシアムでは、会員企業各社が気軽に機器を持ち寄って相互接続を確認し実装情報を共有できる場として、プラグフェストを企画することにより、会員企業各社が安心して製品開発できるように支援しています

年間計画

  参加申込み期間 開催予定日 開催場所
第1回 201858日~
65
201873日、4 大田区産業プラザ
第2回 201812月下旬~
20191月上旬
20182月上旬 神奈川工科大学
HEMS認証支援センター

2018年度は年2回を予定しています。
本計画は変更となる場合がございます。各プラグフェストの参加申し込み期間、開催予定日、開催場所については、プラグフェスト毎に告知します開催計画のご案内および開催のご案内にてご確認下さい。

参加者の声

*様々なECHONET Lite機器と相互接続性を確認でき、自社での試験では見落としていた問題に気付くことが出来ました。
*実機との接続試験を十分に行えたことに満足しています。
*ECHONET Lite規格で認識不足だった点が明らかになり、不具合を発見することができました。
*他の参加者の方々とECHONET Liteに関する議論を行うことができ、よかったです。
*他デバイスと対戦する事で、ECHONET Lite規格および自社製品についての知識や認識が深くなりました。

ページの先頭へ