ごあいさつ

ごあいさつ

代表理事

朝日 宣雄

(三菱電機株式会社)

 エコーネットコンソーシアムは、人と環境に調和した豊かな21世紀の社会を実現するため1997年に創立され、みなさまのご努力とご協力のおかげで2017年に20周年を迎えました。

 エコーネットコンソーシアムでは、環境問題、エネルギー問題、CO2の削減、高齢化社会などに対応するために、様々なベンダーの家電機器、設備機器、センサ類、コントローラなどが相互接続可能なホームネットワーク基盤技術の標準仕様策定を進めてまいりました

 2011年に発表した「ECHONET Lite規格」は、国内外の標準プロトコルと連携可能であることから、翌年「スマートコミュニティ・アライアンス国際標準化WGスマートハウス標準化検討会」においてHEMSにおける公知な標準インターフェースとして推奨され、さらに2015年には国際標準として承認されました。その後、本格的なマルチベンダー間の相互接続性の向上を目指して「ECHONET Lite AIF仕様」を策定し、2016年には認証制度を開始したことにより、重点8機器(エアコン、蓄電池、給湯器、太陽光発電、燃料電池、照明、スマートメータ、EV/PHV充電器)を中心に、機器へのECHONET Lite搭載が定着してきました。この間の2016年には、日本電機工業会(JEMA)および住宅生産団体連合会との連携を強化し、「住まいの性能図鑑」を作成して普及活動を進めています。

 会員企業の皆様のご努力により、2019年度末時点でECHONET Lite規格適合製品は9,400万台以上に、機器オブジェクトの定義数は116機種に達しました。ECHONET Liteの応用範囲は広く、現在では一般家庭に留まらず一部業務用設備にも拡大しつつあります。

 近年、クラウドコンピューティングの発展により、多くの機器がインターネットを介してつながるIoT化が急速に拡大しています。現実空間のモノがクラウドに接続され、クラウド上の仮想空間における多様なサービスとしてのコトが拡大するCyber Physical System(CPS)による超スマート社会の実現を目指すため、エコーネットコンソーシアムは新たな戦略としてECHONET 2.0を提唱しました。ECHONET 2.0は、クラウド時代におけるサービス間連携の在り方を研究開発し、ECHONET Liteを多種多様なサービスを実現するためのプラットフォームとして発展させるものです。

 エコーネットコンソーシアムは、これまでの「ECHONET Lite規格」「ECHONET Lite AIF仕様」の普及活動に加え、ECHONET 2.0によるSociety 5.0の実現、すなわち、新しい付加価値創出による豊かで持続可能な社会の実現に貢献すべく、活動を推進して参ります。関係各位のご賛同とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

ページの先頭へ